知識創造研究センター


R&Dビジョン 知識創造研究センターは、科学技術の発展に寄与すると共に、当社の研究開発の中核として、 世界中にITソリューションを提供し、お客様の新たな価値を創造することに貢献していきます。

知識創発をモットーに、さらなる研究開発に挑戦して「夢の実現」してまいります。

また、産学共同研究については、産業界と学術界の特性を活かした研究開発を行うことを重視して運営しています。

異なる発想を持つ人々との交流とそれぞれの研究における得意分野を活用したグローバルな研究体制で独創的なイノベーション技術の創出を狙っています。


【知創研勉強会】


社会問題を解決するための、あるいは何らかの社会的価値を実現するためのシステムの構築、社会的・技術的イノベーションを通じ、社会の円滑な運営を実現することを目標としたものを対象とし研究・勉強会を開催しています。

目的が合致していれば、理論的研究から実践的研究まで、また自然科学的研究から経済・人文・社会科学的研究まで、幅広い領域を対象としています。

研究・勉強会は月に1回社外の方も含めてオープンに開催しています。



【R&D領域】


  • ITロードマップ
  • ナレッジマネジメント
  • リスクマネジメント
  • プロジェクトマネジメント


  • 【産学連携事業】


  • 12年度:1件
    多言語問診・診察支援システム


  • 11年度:1件
    文字画像検索システム


  • 08年度:1件
    超音波キャビテーションによるミクロ破壊のデータ解析


  • 【研究活動内容】


  • 15年度:9件
    仕事とプライベートの両立 佐藤大介
    Balance between work and private

    HMDを用いたコンテンツのこれまでの推移とこれからの展望の考察 平島海渡
    Discussion of the past Trends and Future Prospects for the content using the HMD

    フィボナッチ型数列における黄金比 川村雅之
    Golden ratio definitive Fibonacci type sequence

    ISO9001:2015及びISO14001:2015発行に伴うKCTマネジメントシステムの移行及び問題改善の分析 勝連良地
    The Migration and Analysis of Problem for KCT QMS/EMS Management System with ISO 9001:2015 and 14001:2015

    システムの保守・運用に関わる社内標準化について 古賀智史
    For company standardization involved in systems and operations

    コードレス電話機商品開発からプロジェクトマネジメントまでの職歴照会~仕事人としての変遷と普遍的スキルの獲得~ 蓮見岳夫
    Career introduction “from the cordless phone product development, to project management”. My transition as professionals, and, acquisition of universal skills

    ハイブリッドクラウド活用術-VMware vCloud Air 編- 木村辰也
    Utilization of Hybrid Cloud-VMware vCloud Air Edition-

    今後の情報・通信技術産業におけるIoT 与那嶺雄次
    IoT in the future of information and communications technology industry

    クラウドサービスを用いたローコスト開発手法の検討 高田雄平
    Investigation of low-cost development in cloud


  • 14年度:10件
    道の駅にサイクリング客も使用可能な駐車場設置の提言 鈴木敦雄
    Recommendations of cycling tourists also available parking installed in Road Station

    人材育成を実施する環境 佐藤大介
    The environment that carries out personnel training

    万能量子論理ゲートのエミュレータにおけるSWAP命令信号配線の簡略化に関する考察 平島海渡
    Consideration about the simplification of the SWAP order wiring in the emulator of the quantum logic gate

    在住及び訪日外国人に対する医療通訳の課題 川村雅之
    The Problems of Medical Interpreters for the Foreigners Living in Japan and Visiting Japan

    第二言語習得理論について 島袋恵
    Second Language acquisition theories in Japan

    ISMS構築手法 勝連良地
    The building method of Information Security Management System

    ベンチャー企業の資金調達 武内駿
    Venture Finance

    ミャンマーにおける暗記中心の教授法 ティタヌェ
    Memorization centered teaching method of Myanmar

    沖縄県の産業と今後の展望 与那嶺雄次
    Industry of Okinawa and the future prospect

    マルチエージェントシミュレーションを用いた歩きスマホ抑制方法の提示 高田雄平
    New method of suppressing using Smartphone while waking by use of Multi Agent Simulation


  • 13年度:10件
    「黒壁」・「富山ライトレール」におけるまちづくりの取り組み 田本彩海
    The measure of city planning in “Kurokabe” , “ToyamaLightrail”

    「iOSの歴史と取り巻く環境」 山下啓輔
    ‘History of iOS, and Environment to surround’

    「熊本県について」 久保田浩平
    ‘About Kumamoto Prefecture’

    ASEAN各国の教育の現状 川村雅之
    Current state of education in ASEAN countries

    エニウェトック環礁ポーリングコア(KAR-1)におけるサンゴ骨格のアラゴナイトからカルサイトへの変質 島袋恵
    Alteration to calcite from aragonite of Enewetak Atoll (KAR-1)

    沖縄基地問題 勝連良地
    The Problem of American military base in Okinama

    ゲームAIにおける評価関数のパラメータ変化が学習効率に及ぼす影響に関する基礎研究 清水隆寛
    The basic research on the influence of parameter change of the evaluation function in the game AI on the learning efficiency

    Facebookにおけるネットワークコミュニケーション ティタヌェ
    The communication network in Facebook

    IT投資の削減と仕事の属人化 小野澤義紀
    Reducing IT investment and Depending on Individual Efforts

    セルオートマトンによる簡易シミュレーション 高田雄平
    Simple simulation using the Cellular Automaton


  • 12年度:5件
    左手でマウス操作することによる作業効率の変化 鈴木敦雄
    Changes in work efficiency due to the mouse operation with the left hand

    リスクの所在の明確化 佐藤大介
    Important to judge where the Risk lies.

    「スマートフォンにおける教育環境の変化」 山下啓輔
    ‘Change of the educational environment in the smart phone’

    ストラテジックマネジメントとシステムダイナミックスモデル 川村雅之
    Strategic Management and System Dynamics Model

    表示部分離手法を用いたWebアプリケーション複数言語対応の実装案 高田雄平
    How to divide View is shown as how to make Web application correspond to language


  • 11年度:6件
    「スマートフォン時代における多様化」 山下啓輔
    ‘Diversification in a smart phone age’

    量子コンピュータによる数値積分計算 川村雅之
    On a Numerical Integration Using a Quantum Computer

    保険の基礎知識 中川奈央子
    Basic knowledge of insurance

    「構築フレームワーク」から創出されるプロジェクトにおける共通部分 工藤希望
    Common Points of Project from “Construction Framework”

    A Rate Control based on the QoS Policy Routing with the Session Synchronization Ryoji Katsuren
    Qos ポリシールーティングベースのセッション同期を伴うレート制御

    プロジェクト管理とグループウェア 小野澤義紀
    Project Management with Groupware


  • 10年度:5件
    全国技術系勉強会マップ~主催者からのメッセージ~知創研勉強会:川村雅之
    情報処理学会 情報処理Vol.52 No.4・5 Apr.2011

    プロジェクト・マネジャー育成用トレーニング教材開発について:佐藤大介
    Development of Training Materials for Project Management Education

    画像クラスタリングによるWeb画像検索システム:川村雅之
    A Web based image retrieval system image clustering

    Who will win to the end? The race of Android and iPhone:Shanshan Hao
    最後の勝利者はだれぞ? Android とiPhone の競争

    原子力の向こうへ:小野澤義紀
    Over the Nuclear Emerge


  • 09年度:10件
    ホスピタルファイナンス医療業界の現状と病院の資金調達法について:衛藤仁
    Hospital Finance The financing situation surrounding Medicine

    Session Synchronization Protocol and Modeling with the Rate Control:Ryouji Katsuren
    レート制御を伴うセッション同期プロトコルとモデリング

    音楽療法に関する文献調査:菊池泰弘
    Documents investigation for Musical therapy

    アボリジナルアートの生成と展開:工藤望
    The generation and the development of aboriginal art

    高度情報化時代における情報の本質と知的創造:岡本卓也
    Essence of information and intellectual creation at advanced information age

    プロジェクト特化型PMOに対する提言:小野澤義紀
    A proposal for the specific PMO

    仮想化技術によるサーバ統合の投資対効果:佐藤大介
    Return on Investment of Server Integration by Virtual Technique

    Object Recognition System Using the Combination of Local and Global Features:Shanshan Hao
    局所特徴と全体特徴を用いた動画像からの高次特徴抽出

    「禁じられた果実は一番おいしい」:山下啓輔
    「Forbidden fruit is sweetest.」

    要件定義における最適なマネジメント手法に関する考察:川村雅之
    A Study on Project Management Method at the Requirements Definition Phase


  • 08年度:4件
    X理論Y理論のプロジェクトマネジメントへの応用について:中村元
    The application of X theory and Y theory to the project management

    アプリケーション開発プロジェクトへの三権分立の適用についての考察:小野澤義紀
    A consideration about applying “the separation of the three powers” to application development projects

    企業を総合的にマネジメントするための管理組織:佐藤大介
    Organization for Management to Administer Enterprise Overall

    ITプロジェクトの失敗経験のナレッジ化によるリスクマネジメント:川村雅之
    Risk management of IT project by making knowledge from the experience of failure


  • 【所属団体】


  • 情報処理学会
  • 日本ナレッジ・マネジメント学会
  • 国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会
  • プロジェクトマネジメント学会
  • 日本機械学会




  • ぺた語義