教育・研修制度



昨今ますます短くなってきているビジネス・サイクル、社会環境の変化の中、KCTが発展し続けるためには、社員一人ひとりが現状に甘んじることなく、常に変革への挑戦意欲を持ち続け自己実現を目指してゆくことが必要不可欠です。当社は、意欲的な社員に対して、社会に要求されるスペシャリストとしての知識・スキルを身に付けるための機会を公正に提供しています。ここでは、その教育・研修制度の一例を紹介します。



新入社員研修



入社後、3ヶ月間新入社員研修(Off-JT)を受講していただきます。新入社員研修では、KCTの経営戦略にしたがってカリキュラム設計を行っています。研修期間を通じて皆さんが能力を高め、卒業時にプロフェッショナルとして現場で十分な力を発揮できるようにひとりひとりの成長を支援します。各コースとも本社、研修センターなどで開催される集合研修や合宿研修で構成されています。

新入社員研修は、きわめて密度が濃く、集中力と精神力が試される場となります。そのため新入社員ひとりひとりに先輩社員(指導員)がアドバイザーとしてサポートしてゆく指導員制度も完備しています。



基礎研修


KCT社員として、社会人として、必要な基礎知識を習得します。社会人としてのビジネスマナーや個人情報保護やセキュリティーなどビジネスの基礎に関する研修です。



共通研修


仕事をしていく上で必要なITスキル、ビジネスパーソンとして必要な企業活動や業界についてのスキルを伸ばします。e-ラーニング、集合研修、合宿研修などそれぞれのカリキュラムに適した形式で研修を行います



職種別研修(OJT)


当社が導入している指導員制度により、およそ1年間は指導員のもとで、OJTとして現場経験を積んでいただきます。その間、職種別の集合研修などさまざまな研修メニューを用意して皆さんの成長を支援します。



新入社員育成のロードマップ




階層別研修



各(事業)サービスの向上、業務の拡大には従事者の資質向上が必要不可欠であり、社員の経験や成長の過程に即しての、段階的・能力の開発を行える研修の仕組みが必要となります。よって、階層別研修を研修体系に組み込み、社員の経験や役職に応じて求められる組織内での立場や役割等に合わせて研修課程を設定実施しています。


職種別研修



問題解決技法研修、プロジェクトマネジメント研修、交渉技法研修、経営・財務研修などを実施しています。


自己啓発支援



個人別育成計画に基づいて資格取得支援(公的資格取得奨励制度)、語学学習支援、社外研修支援、通信教育支援など、実施しています。


留学制度



公募留学制度


専門性の強化や国際的な視野をもつことなどを目的に、国内外大学院のMOTやMBA、テクニカルコースなどへの留学を公募にて行う制度。



外部派遣制度


各種専門性強化等のため国内外の大学院や教育機関への派遣を行う制度。



産学連携研究機関派遣(共同研究)制度


高度研究機関への研究員派遣、共同研究を行う制度。



教育・研修制度ロードマップ