ERP


ERP(Enterprise Resource Planning)は統合基幹業務とも呼ばれております。
企業における経営資源(ヒト・モノ・カネ)の総合的な管理と企業活動全般の最適化を図るのがERPであります。

従来のシステムでは、部品在庫、生産状況、販売などのデータが個別のデータベースで管理されていたため、 それぞれのシステムからデータを取り出すことが面倒だったり、データを並べて加工するのに手間がかかっていました。

ERPの仕組みを構築しておけば、複数の部門に関するデータを取り出して画面上でグラフ化することは容易になります。

erp


全社データの一元化を生かしたERP活用例としてはある総合商社様ではERPの導入を機に事業リスクを社内外に示す取り組みをしています。

国内外の数百の子会社のデータをERPで一元管理することによって、特定のグループ企業との取引高や債権が全社でどの程度あるのかを容易に把握できるようになります。
この情報と信用情報などを組み合わせることで事業リスクの指標を算出しています。

このほか、環境会計に対応するためにERPを活用しているケースもあります。ある企業様は工場内の工程別の原材料、 エネルギー消費や廃棄物質などの量を算出して金銭に換算し、この情報をもとにコスト削減に成功しております。

ナレッジクリエーションテクノロジーでは、ERP,CRM,SCMなどのソリューションに関する豊富な知識と経験を通し、お客様の業績向上に繋がる最適のサービスソリューションをご提供いたします。